Archive for the ‘studio(スタジオ)’ Category

ボランティア/ ブラブラカー /ディープフォーレスト コンサート

例年われている福島支援 Hope and Love(熊本 ネパール、エクアドル地震 パリの洪水災害も支援先に加わりました)にボランティアとして出かけてきました。
私は ビューティ関係の予約デスクを担当。
Yuki Yamaguchi

今年も1日で1000人近くのお客様にお越し頂き、額も250万円に達しました。
IMG_8749
8月6、7日が東京でのイベントですので お時間ある方は是非足を運ばれてみてくださいね!
(詳細は また改めて)
日本で手に入らないフランスのブランドが安価で手に入り、なおかつ支援に繋がる、という素晴らしい機会です。(私はこの夏、母がやってくるので フランス居残り組ですが。)

IMG_8741
このパリで 初めての経験をしました。
無期限のストに入っていたSNCF(フランス国鉄)。
いや~な予感はしていたのですが、予感的中。
前々日の夜に 私の乗り込むはずのTGVがキャンセルになった、とメールが届きました。
パリ行きをほぼ諦めかけていたところに、そうだ、ブラブラcar(乗り合い車)という手がある、と思いついてしまった。初めて サイトを開いて 出発地と到着地を打ってみると 十数件 候補が出てきました。
我が家から30分という地から出発。
運転してくれた方は 考古学者。ここぞとばかりに 発掘作業時にトリュフの存在を確認したことがあるか、など いろいろ質問を投げかけお話を聞かせていただきました。私の他にもレウニオン出身の女性が一人相乗り。オルレアン(ジャンヌ ダルク!)で 洪水のため なんと高速閉鎖。
迂回迂回で10時間もかかってしまいましたが、何時間も一緒に車内にいると この壁を乗り越える同士となり和気藹々と過ごせました。
帰路もまたキャンセルメール。迷わず、ブラブラカーを予約して 足止めを避けられました。

長旅するなら ゆっくり本を読んでいきたいし、知らない人たちと何時間も過ごすなんて、
と頭でっかちでおりましたが、本当にいい経験になって このストに感謝しているぐらいです。
相互評価もつけられるし、値段も電車の半分です。
でも このblabla car、フランス国鉄に敵対するものと思いきや、なんとSNCFがアイディアを買い取っている、と聞いて驚愕。なんだか、操られてる感は否めないけど 便利で楽しいひと時をプレゼントしてもらったので 文句言わない!笑

2日後 ベルジュラックからロンドンへ。
今回の目的は ディープ フォーレスト コンサート。
IMG_8739
アシスタント君がナントからジョインするため、私も自宅から機材を運ぶお手伝いを。
テロの多い昨今、空港でのセキュリティ チェックに時間がかかりました。
ヨーロッパはなんだか寂しい天気の今日この頃ですが この日ばかりは雨にも降られず、初夏の空気。
コンサートも大盛況。
IMG_8736

直前に菌をどこかでもらってしまって絶不調だったエリック。ホームドクターにワケを話して注射4本。なんとか当日声が出てくるように…。でも 彼にとって一番のお薬は ショー自体だったみたいですね。
(友人がそう言い当ててくれました)
IMG_8738
IMG_8737
Yuki Yamaguchi

こちらもシェア。
知人が ロンドン市内のATMで現金を引き出して2、3歩歩き出した時に男の人に呼び止められ、
「カードが中に残ってるみたいですよ。コードをもう一度叩くと引き出させるはずですが…」と言われ、あら カード取り忘れた?とコードを打ってしまった。男の人は消えている。その後 200パウンドが不正に引き出されていることが発覚。彼女は高齢者ではありましたが、若い人たちだって突然言われるとつい、ということもありますもんね。この手の詐欺にお互い気をつけましょう!

フランスのハロウィンとフランスのミュージシャン ディープフォーレスト

こちら、以前も自分のサイトのブログでご紹介させていただいたのですが、この季節になると
友人がプレゼントにくれた名前入りかぼちゃを思わずにはいられません。
YUKIかぼちゃ

可愛いでしょう?
さて、どうしたら出来ちゃうのか。。。
かぼちゃがまだ小さいときに ナイフのようなもので 自分の好きなデザインを刻んでおくだけ。
成長に連れ、傷がかさぶたになってこのような効果をもたらします。
何が嬉しいって、このプレゼント、付け焼刃じゃないってことです。
もう 数ヶ月も前から「yukiかぼちゃ」の成長を見守っていてくれた。
それを思うと、じーーーーーーーーんとしてしまいます。
お水とかあげている姿を想像してしまいますよね。。。(´_`。)

明後日はハロウィンですが、フランス人は やはりどうもハロウィンにはノリが悪いようです。
かくいう私も、もう15年以上前にアメリカで起きた,
英語がよく分からなかった留学生がキャンディをもらいに家をまわっていた時に
射殺されたニュースを耳にしてからというものお祭り気分になれないのですが、
今回は 仲良しの、アメリカ人とオランダ人のゲイカップルからのハロウィンパーティのお誘いだったので 旦那さんに話すと、
「僕は遠慮するね。君は行っておいでよ。」
予想通りの返事。。。
その旨伝えるため電話をすると、誘っていた他のフランス人の友人たちからも
お化けやフランケンシュタインになるのは気が進まないので今回は遠慮するね~
という返事が続いたのだとか。
結局 他の機会にパーティをすることに。。。
もちろん フランスでもハロウィンは存在しますが、誰も彼もがお祭り騒ぎにならないところがフランス人気質ですね。
ゆきドラキュラ

最後にお知らせを一件させていただきます!
旦那さんは Deep Forestという名前で音楽活動をしています。
14歳から55歳の今まで音楽一本できた彼。
好きなことに打ち込む、ってこういうことなんだ。
そんな姿を日々見せてくれています。
過去や古い形式に拘らず、いつも時代に対応していくしなやかさも尊敬に値する点です。
そういうわけで今回は今までのソニーさんやユニバーサルさんからの配信、という形をとらず、
ファンの方、パブリックの方参加型の「キックスターター」というシステムでの新アルバムリリースになりました。
あまり馴染みのないシステムかもしれませんが、いろいろなドメーヌの芸術家たちがこのシステムで作品を世に送り出しています。
あと残すところ44日になったこのキャンペーンですが、
「聴いてみたいな。。。」
「Deep Forest懐かしい!」
「応援してあげようかな。。。」
「Deep 好き!」
どんな理由でも結構ですのでご反応いただけると本当に嬉しいです!
Newアルバム内の一曲Sing with the birdsお聴きください♪
Sing with the birds

説明不足かもしれませんが、JAL時代からの友人、弥栄ちゃんのブログでかなり詳しく説明してくれているので宜しかったらご覧ください!
弥栄ちゃんブログ
キャンペーンには CDはもちろんのことDeep ForestオリジナルTシャツ、私手作りのDeep Forestマグカップなどもだしております。
妻もこんな形で応援しております!
世界中の方からマグオーダーいただき、感謝!の一言です。

お忙しい中 最後までお目を通してくださって有難うございました。

キャンペーンサイト

Deep Forest FBページ

 

Exciting Project

先日 鶴が編成隊を組んで渡っていきました。
鶴
これは 春の訪れのアナウンス。

ポカポカ陽気の中、ブルゴーニュ地方リヨン近郊へ出掛けてきました。

高速を走らせて、フランスのど真ん中クレモンフェランの山岳地帯を横切るとそこは

まだ雪に包まれていました。

リヨンでの目的を書く前に、改めて旦那さんの話をちょっとさせてください。

彼はミュージシャンで DEEP FORESTというグループ名で活動しています。
Deep_Forest

 

日本では 葉加瀬太郎さんや元ちとせちゃんなどと仕事をしたことがあり、

90年代に流れたホンダシビックのCMソングは聴き覚えのある方もいらっしゃるかもしれません。

2016年から始まるピラミッドでのレーザーショー。(実はまだ告知前。フライング^^;)

そのショーの全音楽の作曲を彼が務めることになりました。

今回が第1回目のミーティングを主催者宅で。

とはいっても 主催者ファミリーとのリラックスムードで外枠の確認から。

まずは 成功を誓って 1999年ミレジムのドンペリで乾杯。
ドンペリ1999年ミレジム

乾杯

話せば話すほど大興奮のこのイベント。

夜はなかなか寝付けませんでした。
リヨン郊外の教会

翌朝は 気分転換に6キロほど散歩に。
散歩

アニャというここのお嬢さんは もう お人形さん。
散歩

可愛くて可愛くて気がつくと見つめてしまう。

まつ毛なんてもうすでに私の2.5倍の長さはあります。。。

昔は子供のあやし方なんて知らなかった私も 二人を育てた経験を活かせたようで

きゃっきゃっきゃっきゃっ 笑ってくれました。嬉しい。笑

2015年はプロジェクトがいろいろ平行して進んで本当にエキサイティングな一年になりそうで

す!

 

yuki流おもてなし

私のライフスタイルの中には スタジオへやってくるお客様のおもてなしがあります。

現在スタジオには バッシスト セネガル出身のアユーンが音作りのために来ています。
スタジオ

http://www.alunewade.com/

彼は 世界でも有数のバッシスト。

セネガルのゴヤ島でのジャズフェスティバルのオーガナイザーでもあります。

そして、ディープフォーレストの名バッシストとしても活躍してくれています。
スタジオ

昨日 ハンガリーのコンサートから帰ってきたばかり。

ハンガリーを朝5時に出発して 旦那さん、アシスタント君、 そしてアユーンが我が家に到着したのは

夜20時半。

 

疲れているであろうというときは 胃に優しい食事で すぐ休めるような献立を選んでおきます。

今回は poule au pot(プール オ ポ)というフランスの家庭料理にしました。

ディナーの準備
(準備中~♪)

コトコトと野菜と煮込んだお料理は疲れた身体を癒してくれますね。

こんな時は もちろん 前菜もチーズもいりません。皆早く寝たいから。(笑)

 

翌日、娘の乗馬へ送って帰ってくると 13時をまわってしまいます。

そんなときも慌てず騒がず スピードメニュービックリマーク

今日は 海老、アンチョビ、ブロッコリー、トマト、にんにくのソースをちゃっちゃと作ってペンネと和える!

アンチョビは いろんな料理の隠し味に使えて 常備している食材のひとつです。

「ここは よく眠れるんだよ~。」

と言ってアユーンが起きてきたのは11時。来て頂く側としては こんな一言も嬉しい。

仕事にならないという説もなきにしもあらずですが。^^;

この時間に起床なら遅めのランチでちょうどよかったかも。

メモ好きなメモ私が作って大活躍しているのは いらしてくださるお客様の好みを記入しておく

「閻魔帳」!

宗教上の理由で食べれないもの、苦手なものもキャッチして綴っておくのです。

さて、アユーン。食べれないものは ポーク。

そして フルーティ香の紅茶が好きでお砂糖は確か2つ、と前回綴ってあります。

スタジオに その紅茶を持っていってあげると 笑顔が広がりました。ニコニコ

お庭から摘んできた薔薇をさりげなく。
薔薇

香りをお届けできないのが残念!

そして、あまり仰々しいお迎えをしないことも重要!!

寝食共にするので イソイソやってしまうと その堅苦しい空気に 皆疲れてしまいます。

気を遣っていることを悟らせないフレンドリーで居心地のいい雰囲気。

これが 外国の方には(私の経験上特にフランス人、笑)大切。

おもてなしの場は「機内」から「家」にうつりましたが、

旅の素敵な想い出作りのお手伝い、

創作のしやすい環境作り、

とムードメーカー役を降板することはありません。

 

今夜は バランスを考えて、お魚!^^

歌姫

昨日からのスタジオのお客様は クアラルンプール出身の歌姫、アングーン。
anggun

自宅に録音スタジオが隣接してるため、我が家へやってきたミュージシャン達とは

合宿のようにワイワイ数日過ごします。

彼女との最初の出会いは13年前。

歌唱力抜群の彼女は その当時でも 知る人ぞ知るアーティストだったのですが

現在フランスでは 知らない人はいないぐらいになりました。

東洋の歌姫でここまでヨーロッパでメジャーになった人はいないのではないでしょうか?

こちらは DEEP FORESTのアルバムにフューチャーリングしてくれたときのアルバム、

「music detected」。
deep forest

今回は TF1というフランスのテレビチャンネルが

「ワールド」というコンセプトでコンピレーションアルバムを

制作することになり、エリックのところへやってきました。

 

スタジオから漏れる彼女の声色。

時の経過とともに筋肉が衰え、高温の伸びなどに変化がでているのが常なのですが、

全然変わってません!

 

そして 来年のはじめに彼女オリジナルの香水も発表するそう音譜

コンポジションを聞いていたら 好きな種類の香りたち。

世界でも凛と通用する大人の東洋女性のために、ということで

発売したら 友達にプレゼントしたいパルファンですビックリマーク

 

スタジオでおどけるアングーン。
スタジオにて

娘と。

娘とアングーン

美しい歌姫とならんだけど 娘もひけをとらず光ってます!(親ばか発揮中^^)

 

今度 パリで 「ゲロゲロ」という彼女のお気に入りの和食屋さんとショッピングに一緒に行こう、

と言って名残惜しい別れをしました。

来週で40歳を迎える彼女。

「友達を家に呼んで 盛大にパーティだね。クラッカー

と言うと、

「後片付けがあるもん、とんでもなーい。外、外!にひひ

あっけらかんとケラケラ笑う。そんな彼女が気持ちいい。

キラキラしている女性のまわりはやはり空気が違う。

これからも彼女から目を離せません~キスマーク

 

http://www.anggun.com/

ハラハラハラハラ

コンサートを控えているため モスクワへ発った旦那様から電話。電話
「機材が全て税関で抑えられてしまって 大変なことになってるんだ。」
えー、機材が抑えられてるって コンサートは確か今夜汗
ウクライナ関係でのフランスとの国交悪化が どうやら原因らしく、
「今日コンサートだ!」
と言っても 聞く耳持たずの税関。
解決策として 現地でマテリアル購入しかないらしいのですが どうなることやら。
(レンタルがない、とのこと)
ハラハラハラハラ
それにしても 直前になんというストレス。爆弾
カワイそうなメンバー達。
なんとか無事 コンサートが運びますように………(祈)

ディープフォーレストとマルタ in ハンガリー

昨夜 夏時間に変わる、と思いながら休んだのに
朝起きて 案の定すっかり忘れておりました。
時間は変わらず動いているのに 1時間損した~という感覚、変ですね。(笑)
日本との時差は 7時間になります。
旦那さんが ハンガリーのコンサートから帰ってきました。
今回は マルタのコンサートへ ゲストとして招待を受け 3曲を披露。
エリック リハーサル風景
(リハーサル中のひとこま)
マルタは deep forestの初期のアルバムに参加してくれた、ハンガリーの国民的アーティスト。
どこまでも届きそうな、身体の中まで突き抜けそうなあの澄んだ歌声は
今でも耳にクリアに鳴り響きます。
今でもこうして交流があること、アーティスト同士 刺激しあえる関係が続いているというのは
素晴らしいことと思います。
さて、夜遅くの帰宅だったので さらっと食べれるお腹に優しいものを、
ということで フランス家庭の定番メニュー アッシ パルモンティエを用意しておきました。
マッシュポテトを耐熱皿に並べて、間にたまねぎとひき肉を炒めたものをはさんで
(他のお野菜を刻んでいれるアレンジもあり。)
上にチーズをのせて オーブンで焦げ目をつけるだけ、というもの。
あまりにもシンプルレシピーなので、今日のアップは ディープ フォーレストカテゴリーにいれておきます。
私達 日本人からすると 夜食にこんなメニュー, あまりさらっとしたイメージないですよね。
以前、彼が病気になったときに 軽いおじやのようなものを作ってあげようかな、と思っていたら
「軽いシンプルなものが食べたい。マッシュポテトとハムとサラダがいいな。」
と。
マッシュポテトには それなりにバターも使うし、調子の悪いときにあまり食べたい、
と私は感じないので
”なんだ。けっこう 元気なんじゃない。”
と思った覚えがあります。
フランスは寒さがぶり返してきてしまいました。
日本の桜が気になります~。
来週は暖かな陽気に包まれますように。

グラミー賞

第56回グラミー賞の「最優秀レコード」「最優秀アルバム」の主要2部門で

フランスのデュオ ダフト パンクが受賞しました。クラッカー

ダフトパンク

フランス人ミュージシャンが 世界の舞台で大きな賞を頂けるというのは稀なことです。

旦那さんも「Ils meritent.」(称賛されるべき才能!)

と、自国のミュージシャンの受賞が本当に嬉しそうです。ニコニコ

旦那さん(ディープ フォーレスト)が グラミー賞ベストワールドアルバム賞を受賞したのが1993年。

2回のノミネートの後 この受賞だったわけですが、

実は今年も最新アルバムの「Deep Africa」で グラミー賞 エンジニア部門、 ベストワールドアルバム  部門にノミネートされていました。

残念ながら受賞には至りませんでしたが ノミネート対象にはいるだけでも素晴らしいことアップ

また いつか受賞、そんな日が来るのではないか、と信じてやみません。

 

 

***********

 

義母が北フランスから遊びに来ています。

彼女の編み物の才能は素晴らしい!

今回 私に編んでくれたのは こちら音譜

手編み

素敵でしょう?!ドキドキ

色とモデルは もちろん選ばせてもらったけど この完成度の高さ!

しかもあたたか~ビックリマーク

買ったばかりのブーツを合わせて、とイメージは出来上がっています。

どこにきていこうかな?

ロワール地方へ

旦那様、DEEP FORESTのコンサートへ同行して ロワール地方へ出掛けてきました。

ロワール川

ワインを学んでいる頃 ロワール、といえば地名、品種などがパッと頭の中に湧いたものですが

記憶というものは儚いものですね、、、、。^^;

我が家から 車を飛ばして5時間後に到着。

すぐに 会場へ。

会場は 今年の6月に完成したばかりの「arena」.

arena

機材をステージへ運び込み セットします。

ステージ裏

ステージ(エリック ムーケ)

パリから駆けつけた他のミュージシャン達と楽屋で。

ディープ フォーレスト

コンサート前は皆ほとんど何も食べません。

コンサートの最中に体が消化作業をはじめたら 確かにステージに集中できませんもんね。^^

Deep forest コンサート

ディープ フォレスト

エリック ムーケ と オリザ

画像はよくありませんが、、、、 ファーストアルバムから 最新アルバムまで約1時間半の異国への旅。

 

コンサート終了後、ホテルで0時からのディナー。

夜食、というかんじではありませんでした。皆 がっつり頂いてましたから。(笑)

遅くまで 私達のために働いてくださっていたレストランの方々、本当に有難うございました。(御礼)

翌日 ロワール川沿いにお住まいの関係者の方のお宅へランチのご招待を頂き、彼らのご友人たちとワイワイ

お話していると 奥様は 布や糸を使って インスタレーションなどを行うアーティストさんということが判明。

ロワール川沿いの家

アートの話で盛り上がって 私のサイトや作品アルバムなどをお見せしていると いらしていたご友人のお一人が

ギャラリーを経営なさっていると、、、。

「お二人でうちのギャラリーでインスタレーション展示をやられたら如何?」

などと話が急展開。

なぜだか、最近 「呼んで」しまうようで。^^;

いいお話が舞い込んできても 創作が追いつかないとにっちもさっちも行きません。

 

たった一泊の旅だったけれど 中味の濃い時間になりました♪

年末にはいる前になんとかアトリエで過ごす時間を確保しなければ!

 

 

フランス在の日本人ママだから許されること/ ハーモ二アム /Deep India

今日は 雪がちらつきました。

昨日のクレープとカスタードクリーム同時進行風景。

P1180616

フランスは2月にクレープを頂く機会が多いんですよね。

Mardis Gras(マルディ グラ) に、

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B0%E3%83%A9

Chandeleur(シャンドゥラー)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E7%87%AD%E7%A5%AD

息子のサイエンスのテストがある日だったので 試験範囲を再確認になるかと思い、

朝食を食べながら、口頭質問しました。

彼が書いたノートを見ていると仏語で圧力、という意味の単語 ”pression”が”pretion”と二通りの綴りで書かれてあり

「ここ、綴り間違ってるわよ。」

と迷わず指摘し、「頑張ってね♪」と彼らを学校に送り出したあと、身支度をはじめると、、、、。

ふとさっきの綴りが頭をよぎり、先ほどの指摘が間違っていたことに気がつきました。

「どうしよう?!正しい綴りの方を間違い、と言ってしまった、、、。」

いてもたってもいられなくなって 電話してしまいました!学校に!(笑)

いつも 電話の受付にでる人はほぼ決まっていて、その方にこの一連を伝えて

その方が息子の担任に伝えて、

担任の先生が息子に伝えるのか、と思うと迷惑この上ないのと恥ずかしい気持ちでいっぱいになりましたが

間違ったことを教えられたままテストに向かう息子が不憫でならなくて その気持ちの方が強かったのです。

そして なんと電話口の声は 息子の担任の先生!

この5年間、彼女が電話にでたことなんて一度もありません!

そんな小さな偶然に感謝しながら 一連を話すと彼女は 電話のむこうで微笑みながら(そんな風に感じ取れた)

「分かりました。アーンジュ君に伝えますね。(笑)」

あー、神様 ありがとう。30秒のディスターブですんだことに感謝しながら胸をなでおろした私でありました。w

日本人ママでアットホームな田舎の学校だからありえる一件。

それにしても、ドジで熱血ママにうつったんだろうな、、、。(恥)

エリックがインドから戻りました。 

コラボをしたインド人アーティスト ラウルから なんとハーモ二アム(手動オルガン)のプレゼント。

「ハーモ二アム」はインドで作られている楽器で アコーディオンのようなシステムで音を奏でます。

P1180691

素敵なサウンドのインストゥルメント。

家の中で鳴り響いてます。

DEEP INDIAのCDのフィジックが出来上がりました!

2月13日発売。

発売国が 彼自身もまだはっきりしないのだそうですが、このブログをみてくださっている方に

ジャケット両面ご紹介♪

P1180696

P1180694

こちらで 視聴可能です♪

http://www.amazon.co.uk/Deep-India/dp/B00B9GCREG

sonyさん やる気満々なのが嬉しい♪

夏にまたインドでコンサートの予定。

どうやらインド イヤーになりそうですね♪

 

Register Please
favourite links

DEEP FOREST
www.deep-forest.fr

MIKA's NEW YORK BLOG
http://ny-blog.org

Translator
    Translate from:

    Translate to:

Shopping Cart

Your shopping cart is empty
Visit the shop

Rss Feed Facebook button