• creation(クリエーション),  France(フランス)

    アリババの洞窟

    ラグビー日本、南アに勝利しましたね。 おめでとうございます! 「ハリポッターの著者も描けなかったシナリオ!」 という見出しがなんとも物語っていますが(;^_^A 柔道に通ずるエクササイズを取り入れていたとか? いえ、ラグビー全く興味ないのですが、昨夜我が家に殿方々が集まって フランス対イタリアを大画面で観て盛り上がっていましたので、避けて通れませんでした。 フランス 対 日本 の試合がもし実現したら ルールは知らない私も殿方に混じってひとり日本を代表して声高く応援します!!! 一昨日 アリババの洞窟に出掛けてきました。 我が家から約30分の小さな町、Beaumontボーモン。 https://en.wikipedia.org/wiki/Beaumont-du-P%C3%A9rigord 近くても機会がなければなかなか訪れないものです。 しかし、友人から この場所は一度行ってみるべき、と誘われて行ってみると 所謂「金物屋」(Quincaillerie)なのですが、 チェーン店のような新しい店には絶対見つからない昔ながらの便利ものが所狭しと並んでいて 確かに見甲斐があります。 こんなものまで。(日本人の私は唖然としてしまいます。。。) これは何に使うのかな~と眺めていると、 店のご主人様、「アボカド切りだよ。」と通り間際に囁いてくれました。 この他にも子供のおもちゃから乗馬用品からキッチュなものが、 なんでもかんでも置いてあるのです。 私は 料理用の丈夫そうな木べらを新調。 先日3本くらい立て続けに折ってしまった旦那さんの方が (料理ではなく他のことに使って ボキッ、ボキッ、ボキッ。私の熱~い視線を感じていた彼でした。(-_\) 胸を撫で下ろし喜んでいた様子。 この小さな町は 昔ながらのよさがまだ残っていました。 アリババの洞窟の後、手作り香水のお店、インテリア家具を置くお店に立ち寄ったのですが、 店内を10分くらい普通に話をしながら見ていてもお店の方は誰もやってきません。 階上では 人の気配を感じるのですが、お店は 開放したまま 「用事があったら呼んでね~」というかんじでしょうか? 呑気、というかお客様を信頼してる?というか、そういう事件が起こらないのでしょうね、ここは。 パリでこんな風にしていたらあっという間に店のものはなくなっています。。。。 ************************************************ 久々、アトリエでの様子をアップ。 まずは ポーセリン液の用意。 作ってから2週間は置いておかないといけないので今から準備しておきます。 こちらは 作品生乾きの写真。 焼きあがった状態よりこのテクスチャーの方が好きなんです、このまま残ってくれるといいのにな。 spiky ballは私の定番。 いっぱい欲しい、とオーダーいただいてるので チクチクしたものを沢山作っています。 旦那様からも注文はいりました。笑 ファンの方向けのDeep Forestマグカップを、ということで 11月までまず50個ほど。。。 試作品です。この後、シルバーを取っ手に施しますが、もっとシンプルでいい、というお話。 創作って楽しいです。(時にテクニックが及ばず苦しんでいますが) 0から何かを生み出す楽しみ、一度味わったらドラッグのようです。 アトリエ後は やはり手が荒れます。 友人がヴァカンス中、帰省でブルガリアに戻って「創作の後に使ってね。」と、お土産にくれたもの。 私が 創作好き、ナチュラル製品好き、と知っての心の篭ったチョイスです。 ブルガリアのローズ製品、って優秀で有名だったのですね~。 有難いことです。香りも上品で使い心地さっぱり。嬉しいよ~♪ なんだか アリババの洞窟に感化されて私も詰め込んだ記事になりました。 この次は 禅なブログを書くために 禅なものに触れよう! AD

  • creation(クリエーション)

    ピンクのトレンチと街/圧力鋳込み制作

    ピンクは、色の中で、唯一、プラス効果しかない色。 (礼さんのブログより。) 礼さん これです!私のピンクのトレンチ。 意外に着まわし効きますし、確かに着ていて気分アップします! いきなり個人的な内容から始まりすみません。(*v.v)。 ピンク続き。 先日、La ville en rose (The pink city)がニックネームの街、 トゥールーズに出掛けてまいりました。 トゥールーズ近郊の街、モントーバンにピアノを見に行くのが目的の旅。 ショッピングが大の苦手の旦那様とそんな点がそっくりな友人ポールとの一日だったので お買い物、なんていう欲求は最初から持たずに行きましたが、 普段自然の中にいて買い物する機会もない私に二人とも気を使ってくれたのか 少し街を探索しようか? と提案してくれました。気遣いがみえて ほっこり。(*^.^*) 市庁舎前の古本市で 娘の好きなシリーズの本があったので数冊買いだめ。 大好きなPALAIS DES THESで、ルイボスteaを。 ヴェルヴェンとミントのそれぞれのミックスを購入。 コーヒー好きなのですが、朝は脳によいカフェインで目覚め それ以降は身体に良いルイボスティーに変えていこうと思います。 コーヒーの摂りすぎをこれでコントロール。 ランチは、Les sales gosse, 訳すると「悪がき」。もうちょっと汚いかんじかしら。。。 「汚いガキ」(ups,失礼!)という妙な名前のレストランでしたが お味はばっちり。 Toulouseへ行かれる機会がある方のために気になるレストラン名を明記しておきます。 (三ツ星レストランの方のおすすめ) ☆ Chez Marius ☆ Aie de famille ☆  Cafe de Paris ☆  La P ref ☆  Michele sarran カジュアルフレンチを楽しんで ピアノのサロンへ。 最近 ピアノを購入する友人が沢山いて そんなときは やはり旦那さんは頼りになります。 今回は ドイツのseilerとオーストリアのベーゼンドルファーなどを見てきました。 1968年のベーゼンドルファーはペダルがふたつだけ。 でも 音階がひとつ余分についていて、そこに蓋までついていて必要なときに開ける、という細かい部分が憎い造りです。 部屋のどの位置にピアノを置くかだけでも 音がこれだけ違うのか、ということを改めて認識。 まるで ワインの試飲会のように ピアノを並べて音色を比べると 私のような素人でも聴き分けられるのです。 貴重な体験でした。 最近 ほとんど陶芸関係のことを書いていませんでした。 (こちらは 制作中のアペリティフ皿) 年末の1ヶ月開いたサロンのおかげで 少々燃え尽き症候群になっておりました。(-。-;) 我が家のお皿をポーセリンで新調しようと、圧力鋳込み制作に挑戦しました。 石膏作業、最初はアトリエを石膏だらけにしてその後の掃除だけで一日かかっていましたが、 ようやく石膏の特徴を掴めたようでいい友達になりつつあります。 何事もプラクティスですね! 思った通りのお皿が出来上がるでしょうか。 新しい手作りのお皿で、手作りのお料理を盛り付ける日が楽しみです

  • creation(クリエーション)

    開店準備

    快晴。 開店準備日和。 車を飛ばして サルラの街へむかいます。 http://www.sarlat-tourisme.com/d%C3%A9couvrir 途中 紅葉の合間に見え隠れするベイナック城の美しさにうっとりしていると、 他県ナンバーの車が一台、写真を撮るために止まっていたので、この機会を逃さず、とばかりに 私も慌ててカメラを取り出したのですが、 こんな感じにしか撮れず。 路側帯がなく、止まれば後走車をブロックする状況。 お兄さまは「ごめんね」という笑顔をこちらに向けたので、 私も同じですよ、という返事代わりに手に持ったカメラをみせると 更に笑顔を輝かせて運転席へ戻っていかれました。 今日は ノエルのためにまもなくOPENさせるサロンのお掃除&準備日。 朝からウィンドーの掃除をしたり、飾りつけを始めたり大忙しな一日です。 なぜか私の元には 真面目に作業をしている写真ではなく、こんな風におちゃらけている写真のみが、、、。( ̄▽+ ̄*) こちらは お店の目の前に並んだBIO野菜。 気分転換にクレマン(アクセサリーデザイナー)と一緒に眺めにきました。 これ、なんだかご存知ですか? cucumaです♪ 黄色いパウダー状しかみたことなかったので、原型を目にして感動いたしました。 ちょっと削ってみるとなるほどあのヴィヴィッドな色が! BIO野菜を売られているおじさま、 「これを 食べる直前にすりおろすと風味がたまらないんだよ~。」 一日目の仕事を終え、ひとつの目標に向って皆で力を合わせるこの空気の中にいるだけで 最高の気分を味わいました。 作品が売れる、売れないは私にとってもう二の次。 ただ ただ 感謝の気持ち。12月はこの感謝の気持ちに包まれて 2014年を締めくくりたいです。 復路、反対側からのベイナック城を激写。 車走らせながらのわりには そんなにぶれてません。(安全運転してます!(`・ω・´\)) ここぺリゴー地方には こんなお城があちこちに点在します。 旦那さんもインドでコンサートで留守中ゆえ、子供たちの学校へのお迎えを友人に頼んであったので 友人宅へ。 そこで目にしたのは なんとも仲良しさんのこの二人、ソファで一緒にくつろいでるところでした。 (そういえば、最近娘ばかり撮る機会があって息子を撮っていないような。。。。) この後 友人の彫刻家の彫刻暦20年のお祝いに駆けつけ、 毎週木、土曜日はズンバなのでその足で1時間踊り、 友人宅で夕食をとり、帰途につきました。 元気なのは 睡眠をしっかりとってるおかげ。(ジョギングのおかげもあるかな。) 週末はいよいよ作品を運びます!

  • creation(クリエーション)

    アトリエ週間

    約10年の月日をかけて到着した探査機「ロゼッタ」が投下した観測機「フィラエ」が チュリモフ・ゲラシメンコ彗星への着陸に成功したと発表しましたね! 着陸状態があまりよくないので この先のオペレーションが正しく行われるかどうか 3月くらいまで様子をみなければいけない状況のようですが、 「私たちは どこから来て、どこへ行くのか?」 この答えが見つかりそうな人類史上初の着陸に心が躍りました。 ちょうど2日前、1918年11月11日に締結された休戦協定で フランスは国民の休日でした。 マリー キュリーの発明のおかげで多くの戦士が救われた様子をドキュメンタリーでやっていましたので家族で見入っていました。 この悲惨な戦場もたった百年前の出来事なんですよね、、、。 時代の大きな科学の進歩を同じ時期にみて、100年後の科学の進歩も想像を絶するものなのだろう、 と想いを馳せました。 知る由もないけれど、、、。 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 私は、といえば 白衣(!)を着込んで アトリエに閉じこもっています。 アーティストが集まるサロンを映画の街、サルラで開催するのだけれど 参加しませんか? というお誘いをお受けしました。 インスタレーションはなんと1週間後。(汗) 私の作品は あるギャラリーの方が置いてくださっていて そちらの方と 「オブジェ」のカテゴリーにはいるものはexclusivité(ぺリゴー地方において独占。) でお願いします、と言われていたので 出品するなら 使うもの(カップ、花瓶、皿、キャンドルスタンドetc)に限定されるので 今 それを一生懸命制作しております。 (こちらは 今日成形した花瓶) 最初は まず問題ばかりをとりあげてカ~っとなっておりましたが、 無理しないで、このいただいた機会を楽しもう。 と思ったら 肩の力が抜けました。 アーティスト、お客様たちとの新しい出会い。 きっとまたたくさんいい刺激が待っている~!(はず。)(‐^▽^‐)

  • creation(クリエーション)

    マイ☆クリエーション

    フランスの学校は2週間のヴァカンス中です。 旦那さんは 南米チリへコンサートのため 旅立っていきました。 そして、私。 子供たちも家にいるし、留守をしっかり守らねば! というところですが、窯からでてきた作品たちと戯れていました。(笑) 普段あまり「使えるもの」は創らないのですが、家の食器事情を見兼ねて作り始めました。 こちらはスープ皿。 どうせ創るなら 素っ頓狂なものが創りたくて(笑) 月面のような、未知の冷たいものをイメージして創ってみました。 このお皿が 食事を映えさせるかどうかは別にして わが家に招待した方たちが面白がってくれたらOK! といいつつ、こんなナイーブなカップも創ってみました。 ハーブティをいれて、ホッとできる午後の演出。 こちらは 花瓶。 とげとげしいけど 白なので どんな色のお花を持ってきてもあいそうです。 卵の殻チックな蘭鉢も♪ こちらは 黒いシンプルなセーターにあわせたいネックレス。 陶器でできてるので 少々重めですが、つけてみるとなかなか存在感があって悪くない。 手作りのものは皆カワイくなるものです。(*゚ー゚)ゞ 追記 私が 作品の写真撮りに夢中になってる横で娘は ハロウィンのための変装をしています。 「デイモン」 いえ、 「黒い天使」 (寝起き?目が腫れてます。) 飛んでるらしいです。(;^_^A 皆さんも楽しいハロウィンをお過ごしくださいね♪

  • creation(クリエーション)

    ロンドンUCL大学の展示会大成功!

    ロンドン、UCL大学での展示会 無事終えてきました。 学生の作品でしょうか? 構内には こんな風に 遊び心のあるシーンも♪ フランスの自宅から 総走行距離 2000km! 作品を運ぶため、船で初の渡ドーバー海峡。 カーフェリーの中って 空港ターミナルみたいなのですね。 1時間半 快適な船旅ができました。 今回は 学びの多い展示会になりました。 一番の気付きは、 「一見 無意味にみえる存在の中に 扉を開ける鍵がかくれている」 ということ。 (無意味なものはない、という基本は考慮したうえで) スピーチ中。 賑わう会場。 「心に響きました。」と言ってくれた、ドリンクやアペタイザーをサーブしてくださった優しい青年。 多くの方に共感と関心を頂き、 どうやらまた次回がありそうです♪ 国境を越えて 「伝わる」喜びをかみ締めることのできた展示会でした。 応援くださった皆さん ありがとうございます   展示会の記事発見!作品の詳細部分が美しく撮られていました。 http://sequinsandcherryblossom.com/2014/06/22/fukushima-kimonos-at-ucl/#more-2787

  • creation(クリエーション)

    ロンドンUCL大学での展示会のお知らせ

    皆様、こんにちは!展示のお知らせです。ロンドンのUCL大学で行われるIRDR(INSTITUTE FOR RISK & DISASTER REDUCTION)のコンフェランスの際に 私の作品 “kimono fukushima”を展示させていただくことになりました。一般の方も展示会場、UCL美術館にはお越し頂けます。6月18日(水)19日(木)の二日間、私は両日とも会場にいる予定ですので、 イギリス在の方、ご旅行予定の方, この機会にお会いできましたら光栄です。 各国から教授、ドクター、スペシャリストの方々がお集まりになるこの機会に ご招待頂き、嬉しさと緊張が絡み合っておりますが、 作品を通して真摯な想いとメッセージが伝わることを願ってやみません。 9時~17時30分 University College London – Gower Street – London 入場無料 *********** I’m exhibiting at the UCL university in London on the 18th and 19th of June for the Fourth Annual Conference that is being held there on IRDR(INSTITUTE FOR RISK & DISASTER REDUCTION). I will be there for the entire 2 days. I hope my message will be heard through my work. Fukushima Kimonos Exhibition During the conference, the UCL South Cloisters will host an exhibition of the provocative and critically acclaimed Fukushima Kimonos–a triptique of ceramic sculptures first produced by the Japanese artist Yuki Yamaguchi in response to…

  • creation(クリエーション)

    花の地球

    今年も華やかに 我が家のアザレ(ツツジ)が咲きました。 サロンがぱっと明るくなります。 この状態で1ヶ月は 私たちの目を楽しませてくれるのです♪   イースターの週末、パリから友人家族が遊びにくるので たっぷりとっぷり彼女たちとの時間を楽しみたく、 気合で 成形終えました! こちらは シリーズにしているTerra Flora ですが かなり大型なので土の花で地球を覆うのに 時間がかかりました。 完成して ホッと一息。 これから ゆっくり乾燥させて 第一焼成、 釉を施して 第二焼成、 上絵を施して第三焼成、 と続いて完成です。 いつ 出来上がるかな? 楽しみです♪

  • creation(クリエーション)

    心躍る一通のメール

    朝、PCを開けて あるメールを拝見してから 興奮が止まりません (前回は 掃除が止まりません!の書き出しでした。^^;) 私は 陶土や磁土などを使って創作をするのが 大好きで、 凛とした美しさの中に モダンさや未来感を感じる作品に惹かれます。 夏休みに 日本一時帰国が決定したのですが、 その際に! 私の尊敬するアーティスト(いえ、その方はその世界では巨匠と呼ばれています。)の講座など 開かれてないだろうか、とネット上で探していたのですがどうしてもみつけることができず、 不躾ではあると思いながらも 研究所の方へ 学べる機会はないものでしょうか、 というお手紙を10日程前にだしておりました。 「もう そろそろお手紙ついたかな~」 気持ちはどこかソワソワしながらも とてつもなくお忙しい方と百も承知でしたので 駄目でもともと、と自分に言い聞かせていました。 そして 今朝! PCを開けると なんとお返事が ((≧▽≦)本当にまだ興奮が冷め遣らないのです、、、。) 「調整いたしますので ご連絡をお待ちしています。」 あの方から 学ぶ機会が持てる 今日一日 足が地面から浮いた感覚で過ごすことになりそうです。 やはり、二の足を踏むことがあっても 「行動」あるのみですね! 嬉しいーーーーーーーっ

  • creation(クリエーション)

    100度を待つ気持ち

    先日から掃除止まりません 田舎住まい、スペースだけはあるので つい あれもこれもそれもと捨てずにとっておいた結果 ものが溢れかえったアトリエになっていました 子供たちに割られてしまったオブジェ、失敗した鋳型、使えるかもしれないスチロールの箱、エトセトラ。 ぜーんぶ捨てて、土の整理などしながら 昨夜から焼成中の窯の温度へ目をやると、、、。   「100度に下がるまでは開けない」 と決めているので 早く開けたい気持ちをぐっとおさえつつ、 フランスには 年末に大掃除、という観念がないので 春の大掃除に集中、集中。 掃き掃除をしながら 明日のお客様のディナーメニューなどを考えながら なんとか気を紛らわす私。 この100の数字を待つワクワクはもの創りをはじめて味わった格別な味。 魔法の扉を開けると 鼓舞あり、反省あり。(今のところ反省が多いけど^^;)   でてきた作品のひとつをご紹介。 水ヨーヨーをイメージして創った卓上のキャンドルホルダー。   このオーガニックな形が私らしくて落ち着きますーっ 皆に喜んでもらえるかな