enfants(子育て)

息子の誕生日に思うこと・ウォーキング ディナー

息子の13歳の誕生日。
成長するに連れ、シンプルなバースデーになってきていますが、
ケーキだけはリクエストのものを。
今年のケーキ。
息子の誕生日

プールから出てきたばかりの彼ら。
息子の誕生日

とってもいい子達です。
息子もお友達に囲まれてとても嬉しそうで もうそれだけで満足。
息子の誕生日

とうとうティーンエイジャーのママに昇格しました!
彼らが大人になった時のために沢山の選択肢があるような教育ができているのか、
こういう節目にふと振り返ります。
完璧を目指すほど教育ママではないし、一体全体何が完璧な教育なのかさえ自分の中で定義されていない。
ひとりの人間として尊重しながら、「あなたは愛されている」ということを日常の中で伝え、
彼らの行きたい道の手助けをする。
親である私達自身が 活き活きと生きる。
それが今親として出来ることだと思っています。

その日は 毎年恒例の夜のウォーキングディナー。
10キロの道程を アペリティフからデザートまで 各地点にストップしながら歩きぬく、
というフランスらしいイベントです。

18時半に皆我が家に集合。
歩く前の皆のすがすがしい笑顔。

ウォーキング ディナー

会えば いつも一緒に笑い転げるけいちゃんと。
Keiko and Yuki

ティーンエイジャーたち。
息子の誕生日
あまりにも 元気な友人の何人かが、スタート地点までも歩いていく!と言い出す始末。
往復4キロプラスになるので 車で行った方が無難、
という経験者の私のオピニオンもそっちのけで出発。
この後 どういう展開になりますか。笑
ウォーキング ディナー

この日も40度前後の暑い一日。
それでも 参加者は 予定人数をはるかに越えた400人近く。
この100人しかいない居住者の村に、4倍もの人々が押しかけるのです。
ウォーキング ディナー

ウォーキング ディナー

12年目を迎えるこの催しは、完璧なオーガニゼーションで大成功でした。
来年のモチベーションがあがるように 村長さんに 皆からの賛辞を伝えました。
成功の鍵は トライ エンド エラー。
毎年 いろいろ改良しながら 今の「手際」を得たのだと思います。
ウォーキング ディナー

デザートにたどり着く頃は 辺りは闇の中。
足元も頼りない森の中を歩いていくのも なにか日常を脱した経験で皆で
懐中電灯をわざと消してみたり。
ソフィスティケートされた空間ではないけれど、
まわりにあるこの自然や、身の回りで興るこの時間をエンジョイすることが
「今」を大切にできる鍵。40代も後半になって学びました。

英語脳に近づくために 時間がなくても 時々英語文を短くてもいいから読むようにしているのですが、
そこに 何気にストン、と腑に落ちるフレーズが。

Happiness is not getting what you like but liking what you have.

幸せとは 自分が好きなものを手に入れることではなく、自分が持っているものを好きになることである。

本当にそうだな、と深く頷く私。
2015年の夏は動かず、この地元で過ごします。
愛をもって一瞬一瞬を過ごし、今年の夏も思い出いっぱいのシーンを創っていこう。

4 Comments

  • N

    息子くんお誕生日おめでとう!
    自然に近く暮らすとき気になるのは学校(→友達)や文化環境と思いますが、どちらも恵まれているようですね!きっとそれも考慮されて移住されたのでしょう。父母 GJ!
    ケーキのトッピングが「AB」を模しているの発見〜 🙂

    手元にある犬のイラストのコーヒーマグにも Do what you like. Like what you do. と書いています。それが出来ている私たちは幸せですね。子供たちがそうであることを願う気持ちも同じです 😉

  • admin

    Nさん

     ありがとうございます!
     今 行っている学校 楽しそうに問題なく行っていますが、高校が問題です。
     寮に入らせることになるかも。あー 考えると淋しくなりますが、その頃までには少し子離れできていることを願います。
     今までも 全て自然の流れにそってきて問題はなかったので 大丈夫とは思いますが。

     ケーキのトッピング 気づいてくださってありがとうございます♪
     最初 ANGEといれて 描ききれなくなって慌ててとりました。笑
     
     そのマグカップいいですね♪しかも ワンちゃんのイラスト付き。
     子供たちには 機会をみつけて伝えています。
     活き活き生きる子供たちの姿を近くから遠くから眺める。老後の楽しみです。笑
     
     

  • MAYU

    これ、参加したーい!すごいね、このディナーアイデア。
    …てか、Tシャツ忍者じゃーーーーー。
    Adolescent のオトコノコ… 楽しみじゃね…手強くなるのか、案外さらっと利口にやるのか、Angeくんはどうでるかな、ニンニン!
    あたしは4日間下のルカ(16歳))引き連れてふたりと一匹でパリジェンヌしてきたところ。父は日本やし(笑)
    ちっちゃいころよく4人と一匹ごそごそしてたパリを、また月日が経って同じ面子でパリを別の楽しみ方できるかねー!近々やろ!

  • admin

    MAYU

    この企画は 自然の中ならでは!
    いつか参加してねん。
    Tシャツ 何気に忍者でしょ?笑 母が 忍者好きの彼に送ってくれた黒と城の2枚組。
    好きすぎて重ねて着ていこうとするので 寸前で止めました。ははは。
    Adolescentになった彼らと パリ闊歩したいね。
    バギーとクロを連れて歩いたのが 懐かしい~!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.