uncategorized(その他)

カード被害

昨日の午前、取引先の銀行から電話。

「ユキさんのカードの取引で不自然な形跡がでてますが、今朝カードを使われましたか?」

もちろん 目覚めてから一歩も家をでていないことと、ネットも開いてないことを告げると

朝、私のカードを使って 購買している何者かが判明!

気持ち悪さに包まれていると

すぐさま、10日前に抱いた感覚に想いが飛びました。

 

いつも行く薬局ではなく、ついでがあったときに立ち寄る薬局での出来事。

アドヴァイスもスマートにくれるそのファーマシアンは 何度か見かけたことのある

背がすらっと高く、物腰も柔らかで紳士的な応対。

しかし、いざカードで支払い、という時になんとも妙なしぐさを。

渡したカードを裏返しにしてみたり、マシンにいれるまでにどうしてそんなに時間がかかるのだろう?

(この時点でカードの裏側の番号がゲットできますね。)

そこまではまだよいとして、

暗証番号を私が打っているときにその手元をじーっとみているので(普通、顔を背けているのが常識です。)

すごく嫌な印象を受けました。

この薬局を後にしながら、

 

「これで 何か問題が起きたら ここを疑うべきだわ。」

 

と一人 呟いていたのです。

そして、この事件。

もちろん 疑わずにはいられません!

 

どんなに紳士的な身なりでも 人は外見では判断できない経験をcrew時代にしています。

イタリアを電車で旅していたとき、乗り込み時になんとなく気配を感じて振り返ってみると

私の鞄の中に大きな手がにゅっと伸びているではありませんか!

手の持ち主をみてみると、質のいいスーツをきりっと着こなしたビジネスマン風の男性。

「あなた 何をしているの?!」

と叫ぶと踵を返して走り去ってしまいました。

 

 

「薬局に行って、今朝彼が出勤していたかどうか確認してくる!」

と旦那さんに話すと、

「なんの証拠もないでしょう?それに彼が使ったとは限らない。君のナンバーを誰かに売ったりして稼ぐことだって出来る。とにかく、疑わしきは罰せず、、、」

それでも もし彼がいたのなら 私をみて どんな表情をするのか見てみたくて

出かけてきました。

夕方の5時。

彼はいつものように ファーマシーの受付にたっていました。

数人いる中で 彼のところで支払いができるように折をみて受付へ行くと、

軽い笑みを浮かべている彼。

 

「あ、そうだった。カードは不正使用があって 使えなくなったんだっけ。現金でお願いします。」

 

この台詞を吐こうかな、と思っていたんですがw(言うのであれば、直接薬局オーナーに注意を促した方がいい、というアドヴァイスを受け、、、)

彼の目をじーっと見ながら、現金をすっとだして帰ってきました。

正直 何も読み取れなかったのですが、 もし彼であったとすれば 無言のメッセージは届いたかな、と思います。

 

幸運にも 昔からお付き合いのある取引き先銀行の方のおかげで 気付きと素早い処置を取ることができ被害を免れましたが、

本当に気をつけないといけませんね。

インターネットの購入はやはり paypalに統一して、

こういう無神経な対応をする売り手さんには

「恐れ入りますが、暗証番号を打つ間、よそを向いていて頂けますか?」

と、ぴしゃり一言言うようにしなければいけない、と反省しました。

皆様もどうぞくれぐれもお気をつけくださいませ!

 

6 Comments

  • petrucci

    こんにちは。お久しぶりです。
    カード被害、僕も遭ったことがあります。ある月の明細に見知らぬ請求が・・・カード会社に知らせて対処してもらいましたが、カードを使われたことより、なんていうか禁断の領域に踏み込まれたような気持ち悪さがありますよね。
    でも、yukiさんの様にCAで経験を積んでも人は外見では判断できないのですか。。。日本人ならともかく、他の国の人はなかなかわからないかもね。
    いずれにしても情報化社会なので、どこで狙われているかわかないですよね。お互い気を付けましょう。

  • Anonymous

    Petrucciさん

     ご無沙汰しております!お元気ですか?いい夏、過ごされましたか?^^
     禁断の領域に踏み込まれた気持ち悪さ、まさにそれです。
     CA時代に学んだことは「人は外見では判断できない」で、
     危険人物をはっきり見分けるまでの域にはまだ達しておりません。
     でも、時に 私が薬局で感じたような直感は 馬鹿にできないとも思います。
     ウェブ上での個人情報も気をつけなきゃいけないですね。
     はい!お互い用心しましょう。
     

  • /N/

    大変でしたね。
    見かけによらないんですねぇ。。(それを再確認に行った yukiさん、かっけーw
    まぁそんなヤツはお天道様から隠れて真の幸せとは程遠い、憐れな人間です

    私も先日ヨーロッパで数千ドルの使用があったけど?とカード会社から電話がかかって来ました(笑)
    こちらでは銀行口座に直結し、暗証番号入力して、即差し引かれる Debit カードと、毎月明細の載った請求書が来る、暗証番号の要らないクレカとあって、後者だったのですが、当然支払い義務はなく、カード会社の保険から出るのだろうと思います。実は先日(磁気式でない)ICカードの国際規格作りに携わっているひとと話して、あと2年で、不正使用の場合、カード会社は商店に払う必要が無くなり、被るのは商店の方になるので、使用時のチェックは非常に厳しくなる(ICカード必須)だろうとのこと。少し安心出来るのかも知れません。
    詐欺にもあったことがあって(笑)トンズラされw、現金払いだったら、、(汗)。大した額ではなかったけど、それでもね 😉 。カードでよかった♪ と思ったものです(笑)

    こんな苦い面もあるけど、人生はトータル、完全プラスですよね!

  • admin

    /N/さん

     変な正義感だけは 強くってw
     もちろん カード会社からの保険で支払われたわけですが、そんな「悪」をほっておけない気持ち。
     昨夜も あの薬局でのシーンが夢にでてきたくらいですから あの時の直感は あたっているとほぼ確信。← (まだ吹っ切れてないんでしょうねw
     罰則も受けず、悪を繰り広げる人物がのうのうと暮らしていることに対して。でも 真の幸せと程遠い、憐れな人間と思えば 夢にでてこなくて すみそうです。笑)
     そして /N/さんも?!
     数千ドルってさらっと、、、、w
     遠いヨーロッパで、なんて 何をどう気をつけたらいいかわからないですね。
     カード使用のチェック、厳しくなるとお聞きして 安心しました。手口もどんどん巧妙になってきているので 改良していかないとですよね。

     「人生はトータル完全プラス」
     もちろんです!
     どんなことからも 「学び」と「マイナスからプラスへの変換エネルギー」を携えてさえいれば コワいものなし!(^_-)

     

  • Nelda

    I've never heard of Monterrey Jack cheese before and doubt it will be obtainable here in Food Desert Germany. Is Cheddar a good sutubitste? That would mean I could make this recipe tomorrow! So excited!

Leave a Reply

Your email address will not be published.

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.